スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休暇村へいざGO

2012.07.25 11:14|お出かけ記録
中国道を西へ西へと走り 五百羅漢の町「加西サービスエリヤ」で一服
まだまだ西へ 走り 落合ジャンクションから 米子道へ入り蒜山で降りる。

その間 中国道では 白やピンクの 「ムクゲの花」が満開で沿線を楽しみ
米子道に 入り前頃からいたるところに ねむの木が満開で 次々楽しませてくれた。

この木は落ちた種から 自生するのでしょうか? とても大きな木になってるのです。

色が濃いかったり 薄かったりしましたが、車窓を楽しみました。

蒜山で降りたら すぐ右手にある 「道の駅 風の家」で昼食をしお土産の
物色。そうして蒜山高原(550メートル)へ一気に登りました。

大きなスイートンが迎えてくれました。

P7225786.jpg


まだまだ チェックインの時間に早いので 山の中をどんどん上り

鳥取県になるのですが 「鏡が成 奥大山休暇村」(915メートル)へ行ってみました。
そこは 広い緑地とスキー場もあり 4年前に行った「スイス」を思わせるところでした。

P7225795.jpg

そこでうろうろしながら 写真を撮りましたが 山の雲行き・・・ちょっとおかしくなり
あわてて車に乗りました。

そこから又バックして 鬼女台(きめいだい)という展望所で降りましたが
雨にたたられ びしょびしょでした。、しばらくして雲が走り…間もなく

まだ雪が残る 大山を目の前に見ることが出来ました。

P7225798.jpg

足元悪く眺めていても転ばないようにと神経を使い ちょっとボケ写真しか
ありませんが、あまりに目の前に大きく見える雄姿に感動しました。

反対側(南方面)は霞んでいましたが蒜山の方が見えるとのことでした。
そこでピーターさんは 絵を描きたいと 居残り 娘が1時間後に迎えに行くまで
私と亭主をホテルへ連れて行ってくれました。

なんといっても高原のまだ上です 六甲山と同じように「アジサイ」がいっぱい
まだまだ 咲いていました。

P7225804.jpg


写真は 全てクリックで大きくして見て下さいませ。

続きは次回として 休暇村のホテルでのこと書きます。

画像遊び も 良かったら見て下さいませ  ここから 入ってくださいませ。

コメント

ヒロさん 見て頂きありがとうございます。
何しろ ゆっくり構えると みんなを待たせるので 
パチパチコンデジで撮ったのはきれいです。、

今回はファインダーで撮る練習と思いましたが、ファインダーで設定するのは 
結構難しくてボケも多くありますが 歩いて 被写体に出会い 撮る楽しさ 
本当に嬉しいです。今からフォト蔵にお邪魔します。

蒜山の思いで

来っこさん お元気そうで何よりです 何年か前大仙の帰り
寄り道して寄りました時期は6月の上旬で緑が綺麗のが印象
でした その頃は中判のカメラで三脚担いで汗を拭き拭き
緑の中歩いて撮影したことが思い出された。
今朝フォト像でコメントにカメラ持つ 歩く良い被写体見出す
写すそれが良いと年齢に関係なく楽しみましょう
熱中症には気を使い良い作品見せて下さい。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
旬の花時計

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Kikko-Instagram

Instagram

最近の記事

FC2カウンター

JTRIMアルバム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。