2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

山本一力さん(読売芦屋読書サロン)

kage

2014/09/25 (Thu)

第36回 「読売 読書芦屋サロン」 に行ってきました。

読売新聞紙上での 募集に応募して 私は今回4度目です。
今回は時代小説の名手で 直木賞作家の 山本一力さん。

作家の素顔に接することって本当に楽しいものです・・・・

時代小説の好きな亭主は ファンですが私は 今回のテーマ
書下ろし小説  「どぜう」 を読んだのが初めてでした。

山本さんは 団塊の世代 40代後半で作家を目指したという方です。
おおらかで ゆっくりと 自分の小説で 描きたいこと 感じて頂きたいことなど
あったのですが・・・・・
紙面の都合で たった9枚の小説として書いたのは初めてでしたが、 いい勉強を
させて頂いた。・・と・・・あくまでも低姿勢。

人物たちの会話は 江戸末期という感じはしない。又何か 読んでみよう。

山本一力

2_20140925193433315.jpg


P9253096.jpg

終わって外の出た ここらは温かだったが西の空は 黒かった。
それにしても今日は1日中  雲の色の変化に驚き 須磨のあたりから
大阪湾の向こうの陸地が鮮明で より一層近くに感じた。


月下美人が 昨夜と今夜咲きました。

さきほどから 写真を撮っています。だんだんいい匂いがしてきました








コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する